短編集『涙の乙女(アクリャ)』

2015年5月9日、双葉社アクションコミックスより刊行。

収録作品は

・「男装の殺人鬼マネット・ボヌール」

・「涙の乙女(アクリャ)~或るインカ皇女の悲劇」

・「ブルターニュの雌獅子~復讐のジャンヌ」

・「豚王」

の4編。

各話に解説コラムも書き下ろしています。

『涙の乙女(アクリャ)』の電子版は以下の電子書籍サイトなどでも購入できます。

DMM.com

eBookJapan

BookLive

SonyReader

楽天ブックス

電子貸本Renta!

ブックパス

ニコニコ静画

Google Play

コミックシーモア

紀伊國屋書店

BOOKWALKER

GALAPAGOSSTORE

honto

Yahoo!ブックストア

Lineマンガ

アニメイトブックストア

各話の紹介

 

『男装の殺人鬼マネット・ボヌール』

「まんがグリム童話」2011年10月号に掲載された読みきり作品。

 

《あらすじ》

フランス革命期のパリに暮らす美しい娘マネットは、恋人に手ひどく裏切られたことから、男への復讐を始める…

 

《関連ブログ記事》

フランス革命 男装の麗人小列伝

読み切り「男装の殺人鬼マネット・ボヌール」

 

 

『涙の乙女(アクリャ)~或るインカ皇女の悲劇』

「まんがグリム童話」2012年3月号に掲載された読みきり作品。

 

《あらすじ》

インカの皇帝アタワルパの妹キスペ・シサは、スペイン人の《征服者》ピサロの愛人となることを余儀なくされる…

 

《関連ブログ記事》

ピサロの愛人イネス・ワイラス・ユパンキの略伝【前編】

ピサロの愛人イネス・ワイラス・ユパンキ略伝【後編】

読み切り「涙の乙女(アクリャ)」

 

 

『ブルターニュの雌獅子~復讐のジャンヌ』

「ほんとうに怖い童話」2012年10月号に掲載された読み切り作品。

 

《あらすじ》

14世紀のフランスの騎士の妻ジャンヌ・ド・ベルヴィルは、夫がフランス王に謀殺されたことから、自ら戦場に立って復讐の戦いを始める…

 

《関連ブログ記事》

読み切り『ブルターニュの雌獅子~復讐のジャンヌ』

 

『豚王』

「アフタヌーン四季賞」受賞の読み切り作品。大西巷一のデビュー作。

講談社「アフタヌーン」1997年7月号掲載。


2014年10月、同人誌形式で自費出版。

COMIC ZINにて委託販売中(A5・60ページ・税込926円)。

店頭及び通販で購入可能です。通販ページはこちら